処女の女子大生

処女喪失
処女の女子大生なんてとっくに化石になってると思ってたんだよ。
俺だってこの年になって女と付き合ったことがないってわけじゃないんだ。
でもよぉ、男ってもんはよぉ…どっか自分の中の理想の女っていうか、そういう願望には弱いよなぁ…。

お前も俺と同じ高卒だけど、そういうこと感じないか?いや、俺だってさぁ…普段表面的にはそんなのまるで関係ないぜ。高卒だろうが大卒だろうが。

今の会社だって、大卒のやつよりもよっぽど仕事できてるし、周りもそう認めてくれてる。まぁ幸いにもうちの会社ってそういう高卒大卒っていう差別とか区別が全くないよな。営業マンに限って言えば、すべて営業成績次第だからさ。

だから普段はそういうストレス感じたことないんだけど、やっぱり心の中で、女子学生、お勉強できる今育ちが良い、お嬢様、処女の女子大生…そういう妄想が膨らんじゃうんだよね。

結局は単純な学歴コンプレックスかもしれないんだけど、俺の場合大学生の女の子っていうのは、やっぱり特別な何かオーラを感じるんだよ。

だからさぁ…あの子が処女の女子大生っていうのは嘘だったっていう事だけじゃなくて、金目当てのニセ女子大生だったっていうのがさ…夢が壊れちゃったっていう感じ(笑)。たまたま彼女たちと帰りの電車同じになって、向こうが気が付かないまま話し立ち聞きしちゃってジ・エンドだったよな・・・。

いや、お前のいう通りさ、処女の女子大生を売り物にしているキャバクラに、処女の女子大生なんているわけねえ!ってことだよね…。

ずいぶん金注ぎ込んじまったよなあ・・・。

今更ながら、俺の弱点がモロ出ちまった情ねえ話しだよ(笑)。

婚前交渉