愛人関係

まさか、自分が誰かの愛人関係になるとは。
思ってもみなかったことが起きてしまうものだ。
あれは、長年彼氏と交際していたが、色々と事情があって破局してしまってから、少しの月日が経った時のことだった。
ネットサーフィンをしていて見つけた出会い系サイトに、なぜか目を奪われ、そのまま入会してしまった私。
プロフィールを最初に書くということだったのだが、出会い系サイトの初心者である私は、なんて書けば良いかわからなかった。
だから、思いついたままに書いてみた。
「出会い系サイトの初心者です。最近、彼氏と別れたので、性別問わずに仲良くなれるお友達を募集したいと思います。同性なら、普通に私の女友達として。異性なら、恋愛関係とかに発展する可能性もアリ(笑)●ゆきこより●」と、いうように。
愛人との契約
すると、ある一通のメールが届いた。
「はじめまして。ゆきこさんのプロフィールに興味があってメールをしてみました。彼氏がいないということだけど、恋愛ではない別の関係って、どうかな?愛人関係とか。恋愛関係になると、重くなりがちだから、そうではなくて、もう少し、ライトな関係を希望しています。もし、良かったら、返信をいただければと。●ひろとより●」
・・・そう、彼からのこのメールで、愛人関係に興味を持ち始めたのだ。
実際に彼と何通かのメールを経て、会ってみた。
彼が、なぜライトな関係を希望しているのか、これまでの彼の恋愛遍歴を聞いて、ある意味でわかったものである。
また、今彼氏がいない状態であれば、できないこともないし、何かの縁があったということなのだろう。
そういうわけで、彼と愛人関係を結んだのだった。
ソフレ