「その他」カテゴリーアーカイブ

パパ募集アプリ

お金くれるパパ 募集
やっぱりセフレっているといないとでは絶対に楽しさは違いますよ。
自分自身でこれまでセフレのような存在ははっきり言っていませんでしたが、今は三人もいます。
どの女の子も性格はいいのでその都度楽しい違ったプレイをしていい時間を送らせてもらっています。

ちなみに自分としては本当に気持ちの良い体験が出来るように色々と工夫しているんですが、その中の1つとしてあげられるのがパパ募集アプリを利用するということです。

このアプリはとにかく色んな女の子が利用していますので必ず自分の好みの女の子に出会うことが出来るんですよ。

最高にいい感じの経験ができるようになったんで自分としては間違いなく満足できるようになりました。
様々なタイプの女の子を見つけて来ましたが、パパ募集アプリということですのでみんなお金を手に入れようとしています。

だからこそ自分が財力がある程度あるんだということを教えてあげるとかなり食いついて来て股を開いてくれますよ。
自分の場合はそれでみんなセックスまで行っていますからね。

最高に楽しい時間を過ごすためには間違いなくいい女の子が必要ですが、パパ募集アプリではそれが簡単に見つけられるというわけです。
自分の中では今のセフレの中でも一番のお気に入りの女の子がいますが、彼女もよくこのアプリを使っていたようです。

モデルのスカウトによく合うという彼女ですが、とにかく最高にいい女の子ですよ。

ナンパもかなりされるようですが、お金を持っていない人間だから嫌だという感じになるんだそうです。
でも自分はそうではないので好きなんだと分かりやすいような性格をしているのがまた好きなんですよ。

本当にやめられないようなものがこのアプリだと思います。
オナニー電話
オナ指示

パトロン探し

パトロンになってくれた素敵なパパ
パトロン探しなんて言ったって、パトロンなんて探して見つかるもんじゃないって思うんだけど。
確かに、このご時世、何をするにも金が必要で、てっとり早く資金を手にしたかったら、パトロン探しするのが、効率がいいよね。
例えば、私みたいに会社作りたい女にとってはさ。
ほら、会社するにも、資金出してくれる人がいないとさ、立ち上げられないじゃない?
もちろん、自力で資金作って会社作ってってこともできるけど、自力で資金作るって何年かかるか分かんないじゃない?
だったら、パトロン探しして、すでに資金持ってる人から提供してもらうのが一番だって思うわけ。
いろんな人に紹介してもらって、顔つないで、会社作りたい話とか、絶対儲けが出せる自信があるから、プレゼンなんかもしてるんだけど、食い付きが良くないよね。
食い付きがやけにいいなと思うと、パトロン探しっていうより、愛人探しみたいになっちゃうし。
私みたいな小娘に、あぶなっかしくて、金出せるかっていう人の気持ちもわかるけど、そのあぶなっかしい金を出し惜しみする小金持ち程度じゃ、パトロンには不向きなんだなーって思うよ。
最近はさ、パトロン探しするより、ネットで事業内容詳しく書いて、賛同してくれる人から協力金預かる方が効率いいような気がしてくるよ。
数万とか数1千円でも、人数が集まれば大金になるし、しかも、資金提供者が私が設立した会社にこの先も注目してくれるってことになって、結局は資金提供者が顧客になるわけだし。
ケチな金持ちより、心から賛同してくれたり理解してくれる普通の人の方がよっぽど頼りになる時代なのかもね。
都度5
愛人募集

クンニ

 夫に不満があるというわけではありませんでした。ただ、軽い気持ちで冒険心が働いて、出会い系サイトで知り合った男性と会ってみることにしたのがはじまりです。
 今思えば私は世間知らずで、対して彼は女の扱いに慣れていました。
 それを言い訳にするわけではありませんが、私は彼と肉体関係を結ぶようになってしまったのです。自分で何故そのようなコトになったのかよく分からないということは、男のセックス・エスコートに翻弄されていたということでしょう。悔しいけれど仕方ありません。

 ただ、それまで夫以外の男を知らなかった私は、彼との関係によって知れたことがありました。それは、自分の夫がいかに前戯に淡白かということ。

 ベッドの上での男の手練手管は、女の理性やプライドを溶かしてしまうほど卓越しています。
 特に、私は彼の責めによってクンニというものを初めて受けたのです。
立て続けに口内発射しました

 クンニというものがあれほど素晴らしいものであるなんて、彼に出会っていなければ絶対に知れませんでした。

 週に一度か二度するオナニーは、クリトリスを重点的に弄ることによって達するのが常です。が、この時の性感の何倍、何十倍もの素晴らしさを彼のクンニはもたらしてくれます。

 陰核全体を包み込むようにして含む唇。皮が捲られ、剥き出しにされた充血した芯を、滑らかな舌の触感がヌルヌルと撫でる。
 電流の走るような快と、頭の中を真っ白にする浮遊感。

 これだけでも、彼と会うことを止めない理由としては十分すぎるほどでした。

処女の女子大生

処女喪失
処女の女子大生なんてとっくに化石になってると思ってたんだよ。
俺だってこの年になって女と付き合ったことがないってわけじゃないんだ。
でもよぉ、男ってもんはよぉ…どっか自分の中の理想の女っていうか、そういう願望には弱いよなぁ…。

お前も俺と同じ高卒だけど、そういうこと感じないか?いや、俺だってさぁ…普段表面的にはそんなのまるで関係ないぜ。高卒だろうが大卒だろうが。

今の会社だって、大卒のやつよりもよっぽど仕事できてるし、周りもそう認めてくれてる。まぁ幸いにもうちの会社ってそういう高卒大卒っていう差別とか区別が全くないよな。営業マンに限って言えば、すべて営業成績次第だからさ。

だから普段はそういうストレス感じたことないんだけど、やっぱり心の中で、女子学生、お勉強できる今育ちが良い、お嬢様、処女の女子大生…そういう妄想が膨らんじゃうんだよね。

結局は単純な学歴コンプレックスかもしれないんだけど、俺の場合大学生の女の子っていうのは、やっぱり特別な何かオーラを感じるんだよ。

だからさぁ…あの子が処女の女子大生っていうのは嘘だったっていう事だけじゃなくて、金目当てのニセ女子大生だったっていうのがさ…夢が壊れちゃったっていう感じ(笑)。たまたま彼女たちと帰りの電車同じになって、向こうが気が付かないまま話し立ち聞きしちゃってジ・エンドだったよな・・・。

いや、お前のいう通りさ、処女の女子大生を売り物にしているキャバクラに、処女の女子大生なんているわけねえ!ってことだよね…。

ずいぶん金注ぎ込んじまったよなあ・・・。

今更ながら、俺の弱点がモロ出ちまった情ねえ話しだよ(笑)。

婚前交渉