「馬鹿らしい話」カテゴリーアーカイブ

愛人の作り方

愛人
愛人の作り方なんて、別に決まった方式があるわけじゃないからねー。
私の場合もそうだもん。
愛人の作り方を実践してたつもりなんて一切ない。
私、ただふつーに結婚したかっただけだしね。
お見合いパーティーに行ったの。もちろん、結婚相手を探すために、だよ。
そこでたまたま知り合った人といい感じになって、お付き合いすることになって。
その後に、その人が既婚者だって分かったの。
私の場合は、愛人の作り方というより、騙されたって感じよね。
最初は、「もう離婚の話も出てるし、離婚したら結婚しよう」って言われてて。
バカみたいに私、それ、信じちゃったのね。
それで、しばらくは愛人みたいな立ち位置になっちゃうけどゴメンって謝られて。
だけど、お金はちゃんとくれるし、マンションも手配してくれて。
私は、新居の準備だって勘違いしてたんだけどねー。
親にも友達にも「結婚するかも」なんて言っちゃってたし。
まさか、相手が離婚する気も私と結婚する気もなくて、ただ愛人として囲うつもりだったなんて思ってなかったよ。
相手も、もしかしたら最初は離婚する気も結婚する気もあったのかもしれない。
だけど、愛人関係の方がラクだとか便利だとか、そういう風に思ってしまったんだとしたら、それは私のミスだよね。
愛人の作り方なんて興味なかったし、いまだに結婚したいって思ってるけど、この人と付き合い始めてもう五年でしょ。
最近は諦めてるよ。ずっとこのまま愛人の立場から抜け出せないんじゃないかって。
パトロン募集

パパ活

パパ活の成功者
パパ活して生活が楽になりましたーなんて書き込み見るけど、私の場合は、逆に辛くなったな。
お金は貰えるけど、体の関係なしで食事だけって約束で、額もそんな高額ではなかったのね。
さらに、週に何度も食事の誘い受けて、最初のうちはお金貰えるし!って思って付き合ってたけど、だんだんと億劫になってきて。
パパ活の人って、仕事が不規則な人だったんだよね。だから、その日の予定がなかなか決まらないってこともざらで。
「今日、何時になるか分かんないけど」って誘われ方するの。つまり、その間、ずっと待機なわけ。
化粧もばっちりしておかなきゃいけないし、けっこう苦痛だったよね。
待機してたのに「やっぱ今日ダメだ」ってキャンセルされることもあったしさ。
こっちの時間なんだと思ってるの?ってだんだんイライラしてきちゃって。
向こうは、どうせパパ活なんだし、お金払ってるんだし、文句言われる筋合いないでしょって悪びれることなく、ドタキャンしたり、逆に急にねじ込んできたり。
こっちも予定あるし!それに食事の予定だと、こっちの食事時間もずれるでしょ?
会う約束七時だとしたら、その時間まで食事はお預け状態になってるわけよ。
だって、おなかいっぱいで食べられなかったらもったいないじゃない?
だけど、「ゴメン、八時になる」とか連絡来たり、その後には「九時になるかも」で、最終的には「ゴメン、今日はいけない」。
パパ活ってお金貰えるのはいいけど、逆に私はひもじい思いをさせられたよ。
パパ活

オナ電

ライブチャットでのオナニーに興奮
私、もともとオナ電で働いてたのね。
いや、別に借金とかそういう苦しい、やむにやまれぬ事情があったわけじゃなくって。
まぁ、流れでなんとなく生きてたら、堕ちるところまでするすると自然に落ちてた・笑
今は、とある小さい会社で事務やってる。先月から正社員にしてもらったから、ちゃんとボーナスももらえるし、社会保険も入ってる。
今思うと、なんてほんの数カ月前までの話なんだけど、オナ電して、その日暮らしみたいな生活してたのが信じられない。
まともな軌道に乗れれば、本当に生活って楽になるもんなんだね。
私の場合は、ラッキーだったのかもしれないけど、本当に色々な偶然が重なって、こうなってるんだと思ったな。
もともと、オナ電してた時に出会った今の社長さんなんだけど、私のこと気に入ってくれてさ。
お客さんとしてってことじゃなくて、なんか色々親身になってくれてさ。
いっそのこと、うちの会社で働かないかって声かけてくれて。
っていうのも、一人の事務員が妊娠して、辞めることになったんだって。で、その後任を探してたらしいのね。
私、普通のところで働いたことなんてないからって断ったんだけど、「いつまでもオナ電で稼げないだろう」って、半ば強制的に、社長の会社に入ることになって。
最初はバイトで働かせてもらって、で、とうとう正社員にまでしてくれてさ。
周りの社員の人たちも、脛に傷ありって感じの人が多いみたいで、過去のことを聞いてくるような人はいない。
面倒見のいい社長みたいでさ、なんかみんなの親父さんって感じの人だよ。
オナ指示
オナ電